メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトボール

日本代表に上野ら17人 女子世界選手権

ソフトボール日本代表の新ユニホームのホーム用を披露する上野(右)とビジター用を着る山田=東京都新宿区で2018年4月16日、細谷拓海撮影

 日本ソフトボール協会は16日、千葉県で8月に行われる女子世界選手権に出場する日本代表17人を発表した。金メダルを獲得した2008年北京五輪代表の上野由岐子(ビックカメラ高崎)や山田恵里(日立)らが順当にメンバー入り。宇津木麗華監督は2大会ぶりの優勝に向けて「打倒・米国のために、世界選手権で優勝するために最高のメンバーを選んだ」と意気込んだ。

 日本での開催は1998年以来7大会ぶり3回目。20年東京五輪を2年後に控えた時期とあって、上野は「…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文793文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  5. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]