メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外北朝鮮が核実験場を廃棄「威嚇ない限り核兵器使用しない」
九州六大学野球

九州国際大、久留米大が連勝

 九州六大学野球春季リーグは16日、福岡・久留米市野球場で第1週の2回戦3試合があった。2季連続優勝を狙う九州国際大は九州大、久留米大は北九州市立大にそれぞれ連勝。2季ぶりの制覇を目指す福岡大は西南学院大に勝ち、1勝1敗とした。

    17安打の猛攻で連敗免れた福岡大

     福岡大は17安打の猛攻で連敗を免れた。四回に井上大(4年・宇部鴻城)の左中間2点適時二塁打など5連打で3点を先取し、七回には打者12人で7点。1回戦に続いて中1日で先発したエース左腕・秋山(4年・田川)を援護した。1回戦の得点はソロ本塁打2本だけだったが、井上大は「ベンチでつなごうと声を掛け合っていた」。打者の意識の変化が打線のつながりを生み、次週への勢いも得た。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
    2. 殺人未遂 男性刺され重傷 通り魔の可能性 千葉の路上
    3. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
    4. 加計問題 愛媛県と面会「官邸主導」か 藤原氏仲介否定で
    5. 弁当 味重視「地味弁」じわり 「キャラ弁」転換の兆し

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]