メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

きよ川|蕎麦屋でも居酒屋でも使い勝手のいい地元密着店(そば/日本橋)

情報提供:まとメシ

蕎麦と季節料理、どちらも主役。昼はサラリーマンが通う蕎麦屋として、夜は豊富なつまみで一杯、〆に蕎麦を手繰る居酒屋として。

きよ川(最寄駅:日本橋駅)

日本橋の中心から少し離れた場所にあるにもかかわらず、夜は連日ほぼ満席で明るいにぎわいに満ちている。言わずもがな、この店がいかに地元で親しまれているのか一目瞭然なのだ。メニューは定番の和食から自家製ハムまで和洋折衷。というのも、店主の息子である料理長はイタリアンと日本料理を修業した経歴の持ち主で、「毎日来る常連さんが飽きないように」 との配慮を欠かさないから。店主が打つ蕎麦はやや粗挽きの二八。夜はどれも半サイズで注文できるのも、お客目線でうれしくなる。

江戸前穴子の白焼 950円

江戸前の穴子は捌いて一度茹でることでふんわりした食感になるという。ダシが利いた土佐醤油にサッとくぐらせて提供。写真は江戸前だが産地は季節で変わる。

タコやわらか煮と夏野菜の煮あわせ 860円

活タコを使う柔らか煮は炭酸とささげを入れて煮ることで色もきれいに仕上がるそう。からしを添えて味のアクセントに

和牛タタキ サラダ仕立て 920 円

和牛タタキはしっとりとした舌触り

茄子の煮びたし蕎麦 900円(昼夜注文可)

ナスの煮びたしがのった冷たい蕎麦は夏の定番。蕎麦は店の3階にある打ち場で店主が毎日手打ち。ダシはシンプルに本節だけで取ったもの

きよ川

東京都中央区日本橋1-21-4 [TEL]03-3271-8435 [営業時間]11時~14時10分、17時~23時(22時半LO)※ランチタイム有  [休日]土・日・祝(予約は応相談) [席]カウンター9席、テーブル39席、計48席/全席喫煙可(昼は13時半まで禁煙)/予約可/カード可/サなし、お通し500円別 [交通アクセス]都営浅草線ほか日本橋駅D2出口から徒歩2分

電話番号 03-3271-8435
2017年9号発売時点の情報です。

関連記事

ひよく亭(日本料理/日本橋)|つまみは安くて量も満足!人気ランチは行列必至
まぐろ 高直|江戸っ子夫婦が切り盛りする人情味あふれる魚の店(魚介・海鮮料理/日本橋)
これぞ隠れ家!日本橋の地下に広がる秘密のコの字酒場|小野屋(居酒屋/日本橋)
何を食べても感涙必至!山形&山梨の美味を日本橋で堪能|ジジ&ババ(洋食/日本橋)
ため息が出るほど美しい「カステラ」が文明堂の自慢の逸品!|BUNMEIDO CAFE(カフェ/日本橋)


情報提供:まとメシ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 花咲徳栄、猛攻圧勝 昌平と本庄東、4回戦へ /埼玉
  4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  5. プラスチック危機 つながる海、牙むくゴミ(その1) クジラの体内から29キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]