メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

村松 友視・評『俺はNOSAKAだ』『父「永六輔」を看取る』

異色で無頼で“畦道的”な二人の巨星の穴はあまりに大きい

◆『俺はNOSAKAだ 同 ほか傑作撰』野坂昭如・著(新潮社/2000円)

◆『父「永六輔」を看取る』永千絵・著(宝島社/1300円)税別

 1963年、中央公論社に入社してまず配属されたのは『小説中央公論』。これはいわゆる文芸誌と読み物雑誌の畦道(あぜみち)的なゾーンの多彩な作家が登場する雑誌だったが、その畦道性が当時の読者には曖昧性と映ったか、半年ほどで休刊となった。

 私にとって、この雑誌の重大な意味づけのひとつが、野坂昭如の小説デビュー作「エロ事師たち」の掲載が、…

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1476文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
  2. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  4. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  5. ボクシング 井岡、引退の可能性浮上 背景に父子関係こじれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]