メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

村松 友視・評『俺はNOSAKAだ』『父「永六輔」を看取る』

異色で無頼で“畦道的”な二人の巨星の穴はあまりに大きい

◆『俺はNOSAKAだ 同 ほか傑作撰』野坂昭如・著(新潮社/2000円)

◆『父「永六輔」を看取る』永千絵・著(宝島社/1300円)税別

 1963年、中央公論社に入社してまず配属されたのは『小説中央公論』。これはいわゆる文芸誌と読み物雑誌の畦道(あぜみち)的なゾーンの多彩な作家が登場する雑誌だったが、その畦道性が当時の読者には曖昧性と映ったか、半年ほどで休刊となった。

 私にとって、この雑誌の重大な意味づけのひとつが、野坂昭如の小説デビュー作「エロ事師たち」の掲載が、…

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです