メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『大友二階崩れ』赤神諒・著

「義」に忠実な家臣の家督をめぐる攻防戦

◆『大友二階崩れ』赤神諒・著(日本経済新聞出版社/税別1600円)

 親が長男に財産を譲る。ところが何らかの理由があって、「やっぱりなかったことに」といって、その財産をたとえば末っ子に譲り直す。現代ではとても認められない行為だが、家父長権がたいへんに強大だった中世にあっては、この「悔い返し」行為はなんの文句もなく認められた。鎌倉幕府は「問題なし」という判断だったし、幕府の法律である「御成敗式目」の20条にも「OK」と明示されている。

 財産のもっとも大きなものは「家督」である。平安時代の後期などでは、男子はそれぞれに所領を分け与えら…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文933文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  2. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  3. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
  4. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  5. ボクシング 井岡、引退の可能性浮上 背景に父子関係こじれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]