メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

工藤 美代子・評『震える教室』近藤史恵・著

怪奇現象を描きながらも甘い青春世界に癒やされる

◆『震える教室』近藤史恵・著(角川書店/税別1500円)

 あるキャリアウーマンから聞いた言葉がきっかけだった。彼女は42歳で、公私ともに充実した生活を送っている。だが忙しい日々の中で、すごく疲れたときは「とにかくホラー小説を読むんです。何も考えないで、その世界に入っていると、こころがズンと休まるんですよ」。

 そう言われた私は、にわかには信じがたかった。だって、ホラー小説とはさんざん読者を怖がらせるしろもの…

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1453文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. 埼玉・宮沢湖畔 「ムーミン」テーマパーク、来年3月開業
  3. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  4. 米山知事 進退判断の経緯判明 支援政党離れ「辞めます」
  5. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]