メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

工藤 美代子・評『震える教室』近藤史恵・著

怪奇現象を描きながらも甘い青春世界に癒やされる

◆『震える教室』近藤史恵・著(角川書店/税別1500円)

 あるキャリアウーマンから聞いた言葉がきっかけだった。彼女は42歳で、公私ともに充実した生活を送っている。だが忙しい日々の中で、すごく疲れたときは「とにかくホラー小説を読むんです。何も考えないで、その世界に入っていると、こころがズンと休まるんですよ」。

 そう言われた私は、にわかには信じがたかった。だって、ホラー小説とはさんざん読者を怖がらせるしろもの…

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです