日米首脳会談

「米朝会談で拉致」明言 トランプ氏、圧力維持も一致

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会談する安倍晋三首相(左)とトランプ米大統領=米フロリダ州パームビーチで17日、ロイター
会談する安倍晋三首相(左)とトランプ米大統領=米フロリダ州パームビーチで17日、ロイター

 【パームビーチ(米南部フロリダ州)高山祐】安倍晋三首相は17日午後(日本時間18日午前)、米南部フロリダ州パームビーチで、トランプ米大統領と会談した。両首脳は6月初旬までに行われる予定の米朝首脳会談に向けた対応を協議。首相は、北朝鮮による日本人拉致問題を取り上げるよう要請し、トランプ氏は「日本のためベストを尽くす」と述べ、提起する考えを示した。

 北朝鮮の核・ミサイル開発計画の「完全かつ検証可能で不可逆的な方法」での廃棄を目指す方針を確認。「最大限の圧力」を維持する方針でも一致した。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文709文字)

あわせて読みたい

ニュース特集