メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中優子の江戸から見ると

明け暮れ読み書きに油断なく

 「人工知能(AI)に代替されない能力」をどう育てるかが、よく話題になる。しかし、ある本を読んで驚いた。「AIと共存する社会で、多くの人々がAIにはできない仕事に従事できるような能力を身につけるための教育の喫緊の最重要課題は、中学校を卒業するまでに、中学校の教科書を読めるようにすることです」と。これは数理論理学者・新井紀子さんの「AI〓教科書が読めない子どもたち」に書かれていたことだ。新井さんは全国2万5000人を対象にした読解力調査で、高校生の半数以上が教科書の記述の意味が理解できていないことがわかったという。意味の読解こそ、AIができないことなのであるが、このままでは多くの人がAIに代替されてしまう。結局、変化の大き…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  4. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです