メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾羊一のめでぃあ亭

「若者たち」は生きている

 A 昭和を生きた現在70歳前後の団塊世代、その上の焼け跡世代は80歳代だが、彼らの青春を描いたのがドラマ「若者たち」(1966年)だ。

 B 両親を亡くした太郎(田中邦衛)、次郎(橋本功)、三郎(山本圭)に長女(佐藤オリエ)の兄弟たちがちゃぶ台を囲んでは激しく論争する。

 A というより取っ組み合いの兄弟ゲンカだろう。

 C 「テレビからお茶の間に唾が飛んでくる社会派青春ドラマ」と言われ、森川時久(フジ)の好演出もあっ…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文762文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです