メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧えびや旅館

桜の季節に修復完了 天井画を一般公開 塩釜 /宮城

 「まちかど博物館」として保存・活用されている塩釜市にある明治初期の建物「旧えびや旅館」(同市本町)で、桜を描いた天井画の修復が完了し、今月から一般公開が始まった。桜の季節によみがえった港町の粋な風情が、観光客らの人気を集めている。

 天井画は、建築当時では珍しい3階建てだった旅館3階の6畳客間「桜の間」にある。日本画の板絵で、国天然記念物「塩釜桜」らしい満開の桜が天井一面に描かれ、桜の皮付き丸太を使った床の間や、桜の形のくぎ隠しなどとともに昔の意匠を残していた。

 しかし、経年劣化で絵がかすみ、建物を運営する歴史NPO「みなとしほがま」が、東北工業大や仙台市在住…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文629文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです