メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧えびや旅館

桜の季節に修復完了 天井画を一般公開 塩釜 /宮城

 「まちかど博物館」として保存・活用されている塩釜市にある明治初期の建物「旧えびや旅館」(同市本町)で、桜を描いた天井画の修復が完了し、今月から一般公開が始まった。桜の季節によみがえった港町の粋な風情が、観光客らの人気を集めている。

 天井画は、建築当時では珍しい3階建てだった旅館3階の6畳客間「桜の間」にある。日本画の板絵で、国天然記念物「塩釜桜」らしい満開の桜が天井一面に描かれ、桜の皮付き丸太を使った床の間や、桜の形のくぎ隠しなどとともに昔の意匠を残していた。

 しかし、経年劣化で絵がかすみ、建物を運営する歴史NPO「みなとしほがま」が、東北工業大や仙台市在住…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  4. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  5. 長崎新聞社長がセクハラ発言か 女性社員に「愛人やろうもん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです