メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八千代市

待機児童154人、最多に すべて1・2歳児、対策急務 /千葉

 八千代市は17日、保育園などの待機児童数(1日時点)が前年度に比べて47人増えて154人となり、過去最多だったと発表した。同市への子育て世代の流入や女性の就業率向上が要因とみており、特に1、2歳児の待機解消に向けて対策を急ぐという。

 市は今年度、民間認可保育園の新設や小規模保育事業所の認可保育園への移行により、計206人分の定員を増やした。待機児童154人はすべて1、2歳児で…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. 東京都 築地市場、豊洲開場日に解体着手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]