東日本大震災

福島第1原発事故 避難者の今伝える 来月5日から横浜で展示 訴訟の経過報告も  /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故でいまだに避難生活を強いられている被災者の現状を報告する「原発事故8年目 神奈川と福島のいま」展が5月5日から、横浜市神奈川区のかながわ県民活動サポートセンターで始まる。神奈川県内に避難している人々が国などを相手に起こした訴訟の経過報告も行われる。

 県内を中心に活動する被災者支援団体、放射能汚染の実態について調査する団体などが展示ブースを設け、活動の今を伝える。小学校などに埋設された放射性汚染土の移設を求める市民団…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

あわせて読みたい

注目の特集