メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

守る防ぐ

交通事故防止にビッグデータ活用 豊橋で官産学協定 危険地点抽出し対策 /愛知

 豊橋市は交通事故を未然に防ぐため、自動車の走行状況などに関するビッグデータを対策に活用しようと、地元ベンチャー企業のジャパン・トゥエンティワン(J21)、豊橋技術科学大の3者で協定を結んだ。データに基づいて市内の危険な地点などを抽出し、標識設置などに生かしたいとしている。【石塚誠】

 協定では、J21が販売している自動車用衝突防止補助装置「モービルアイ」を搭載するバスやタクシー、トラックなど約100台分の走行状態や警告に関するデー…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]