メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

守る防ぐ

交通事故防止にビッグデータ活用 豊橋で官産学協定 危険地点抽出し対策 /愛知

 豊橋市は交通事故を未然に防ぐため、自動車の走行状況などに関するビッグデータを対策に活用しようと、地元ベンチャー企業のジャパン・トゥエンティワン(J21)、豊橋技術科学大の3者で協定を結んだ。データに基づいて市内の危険な地点などを抽出し、標識設置などに生かしたいとしている。【石塚誠】

 協定では、J21が販売している自動車用衝突防止補助装置「モービルアイ」を搭載するバスやタクシー、トラックなど約100台分の走行状態や警告に関するデー…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです