春の花

五感で楽しむ /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
見ごろとなっているシャクナゲ=奈良県明日香村岡の岡寺で、藤原弘撮影
見ごろとなっているシャクナゲ=奈良県明日香村岡の岡寺で、藤原弘撮影

 県内では陽気に誘われ、色とりどりの花が見ごろを迎えている。少し足を延ばして、五感で春を楽しんでみては--。

シャクナゲ3000株 明日香・岡寺

 西国三十三カ所第七番札所の岡寺(明日香村岡)で、境内のピンクのシャクナゲが見ごろとなっている。約3000株があり、例年より1週間ほど早く咲き始めたという。川俣海雄(かいゆう)副住職は「天候にもよるが、今月末ごろまで楽しめれば」と話す。

 同寺では「西国三十三所草創一三〇〇年」にちなみ、本尊・如意輪観音像(国重要文化財)の脇の扉を来月31日まで特別に開いている。拝観料は、一般(大学生以上)400円、高校生300円、中学生200円。問い合わせは、同寺(0744・54・2007)。【藤原弘】

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文837文字)

あわせて読みたい

ニュース特集