メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自殺対策

県が強化へ 死亡率ワースト4位、若年層倍増 人材育成、教育に注力 /和歌山

 県内で自殺問題が深刻化していることを受け、県は対策を強化することを決めた。自殺死亡率は2016年に全国ワースト4位となり、このうち若年層(39歳以下)は14年と比べて自殺者が倍近くに増えた。県は医療・警察など関係機関と連携を緊密にすると共に、子供たちにも早期に周囲に助けを求める大切さを伝えていく。【高橋真志】

 人口動態統計によると、人口10万人あたりの県内の自殺死亡率は14年17・4人(実数168人)で、1…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです