メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
コウノトリ

新たにひな2羽 2年連続4羽誕生 雲南 /島根

子育てをするコウノトリの親鳥。くちばしの先にひながいる=島根県雲南市で、同市教委提供

 雲南市教委は17日、国の特別天然記念物・コウノトリのひなを新たに2羽確認したと発表した。同市内で今春生まれたひなは計4羽となり、4羽誕生は2年連続。全学年でコウノトリを教材とした環境学習に今年度から取り組む市立西小(同市大東町仁和寺)の児童は、餌になる生き物を確保するための田んぼ作りに乗り出す。【山田英之】

 市教委によると、巣の中を撮影したところ、4羽のひなが写っていた。コウノトリ繁殖の先進地・兵庫県豊岡…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文677文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです