メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

力が抜けた瞬間=中村秀明

 <sui-setsu>

 「もっと危機意識を持ってほしい」。部下や末端の現場に向かって、そう嘆く経営者は多い。入社式で新入社員に、いきなり危機感を求めたがる社長もいる。

 手にしている権限も、報酬も大きく違うのに、責任だけは部下や現場で走り回る社員にも負わせようとしているようで首をかしげる。

 逆ならどうか? 部下が上司に危機感を伝え、何らかの対応を迫ったのに聞き入れてもらえない時は?

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです