メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

日米首脳会談 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦氏、明海大外国語学部准教授(日米関係論)小谷哲男氏の話

吉崎達彦氏

 米東部時間の17日午後(日本時間18日朝)から始まる2日間の日米首脳会談で何を目指すべきか、専門家に聞いた。

FTA 交渉圧力かわせ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦氏

 トランプ米大統領との日米首脳会談は6回目だが、安倍晋三首相にとって最も難しい会談になるだろう。これまでトランプ氏は、首相を外交上の「指南役」にしていたが、最近は自身のやり方に自信を深めている。シリア攻撃や鉄鋼・アルミニウムの輸入制限など、好き放題をしており、よく出方が見えない。

 トランプ氏は「自分らしく振る舞った方が支持者に受ける」と感じているようだ。首相とは親密な関係を保っ…

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1359文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法成立 それどころでは…被災地では嘆きの声
  2. 雑記帳 日本薬科大(埼玉県伊奈町)は、人気ラーメン店「麺屋武蔵」と共同開発した…
  3. イスラムが見る現代科学 神と火星と進化論/1 UAE、2117年移住計画 宇宙の断食、どうする?
  4. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  5. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]