メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

日米首脳会談 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦氏、明海大外国語学部准教授(日米関係論)小谷哲男氏の話

吉崎達彦氏

 米東部時間の17日午後(日本時間18日朝)から始まる2日間の日米首脳会談で何を目指すべきか、専門家に聞いた。

FTA 交渉圧力かわせ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦氏

 トランプ米大統領との日米首脳会談は6回目だが、安倍晋三首相にとって最も難しい会談になるだろう。これまでトランプ氏は、首相を外交上の「指南役」にしていたが、最近は自身のやり方に自信を深めている。シリア攻撃や鉄鋼・アルミニウムの輸入制限など、好き放題をしており、よく出方が見えない。

 トランプ氏は「自分らしく振る舞った方が支持者に受ける」と感じているようだ。首相とは親密な関係を保っ…

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1359文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです