メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

日米首脳会談 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦氏、明海大外国語学部准教授(日米関係論)小谷哲男氏の話

吉崎達彦氏

 米東部時間の17日午後(日本時間18日朝)から始まる2日間の日米首脳会談で何を目指すべきか、専門家に聞いた。

FTA 交渉圧力かわせ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦氏

 トランプ米大統領との日米首脳会談は6回目だが、安倍晋三首相にとって最も難しい会談になるだろう。これまでトランプ氏は、首相を外交上の「指南役」にしていたが、最近は自身のやり方に自信を深めている。シリア攻撃や鉄鋼・アルミニウムの輸入制限など、好き放題をしており、よく出方が見えない。

 トランプ氏は「自分らしく振る舞った方が支持者に受ける」と感じているようだ。首相とは親密な関係を保っ…

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1359文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  4. キューバ 旅客機墜落 死者は110人に
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]