メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフガニスタン

米露対立 ロシア、旧敵タリバンに接近

 【ニューデリー松井聡】内戦下のアフガニスタンでロシアが、米国が掃討作戦を進める旧支配勢力タリバンとの関係を強化している。旧ソ連のアフガニスタンからの撤退が決まった和平協定から今月で30年。だが米国が2011年以降、駐留部隊を削減し存在感を低下させる中、ロシアは「かつての敵」に接近する形で再び存在感を増しつつあり、シリア同様、アフガンでも米露の対立が鮮明になりつつある。

 「アフガンは長年大国に翻弄(ほんろう)されてきた。残念ながらそれが終わる気配はない」。今月中旬、気…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 職員2700人、給与額流出 ほぼ全員分、住所や学歴情報も 青森・弘前市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです