メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IMF

世界経済見通し 成長率、据え置き 来年まで3.9%

 【ワシントン清水憲司】国際通貨基金(IMF)は17日、最新の世界経済見通しを発表した。大型減税を実施した米国を上方修正する一方、発展途上国の減速を見込んだ結果、世界経済の成長率は2018年、19年とも3・9%となり、いずれも1月の前回見通しを据え置いた。世界経済は好調を維持するものの、先行きのリスクとして通商問題を巡る米中の対立を挙げ、「世界の経済活動や心理を損なう懸念が高まった」と警鐘を鳴らした。

 日本は引き続き外需と企業の投資に支えられ、18年が1・2%、19年が0・9%と予想し、いずれも見通しを据え置いた。米国は大型減税が今後数年間は成長率を押し上げると見込み、内外需が堅調なユーロ圏も18年分を上方修正した。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです