メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ROE8%基準と企業統治=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 企業の多くは、3月期決算企業として先月末で事業年度を終え、財務諸表の確定作業や株主総会の準備に入った。

 株主への報告としては、前年度業績の詳細と本年度事業計画の戦略方針が中心となる。特に企業活動の中核である投資計画については、人員や資金の計画をも含めて説得力ある説明が求められる。

 最近ではコーポレートガバナンス(企業統治)向上のための取り組みにも株主の関心が高まっている。企業倫理と順法の精神に基づき、経営の透明性と競争力強化につながる向上策が打たれているか否かだ。実際、株主総会に提案される議案への賛否に関しては、財務だけでなくガバナンス改革の実態を判断材料にしてい…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです