メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

ヤシガニ生態、AIで調査 甲羅の紋様から個体識別 美ら島研究センター

 乱獲や開発などによる生息地の消失で、世界的に減少しているヤシガニ。その生態を調査するため、沖縄美(ちゅ)ら島財団総合研究センター(沖縄県本部町)が昨年末、大阪大学などとの共同研究成果を基にした人工知能(AI)システムを導入した。AIによる生態調査とは?

 同研究センター動物研究室の岡慎一郎係長によると、ヤシガニは成長が遅く、約50年は生きるため乱獲の影響を受けやすい。環境省レッドリストの絶滅危惧2類に指定されている。

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです