メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

ヤシガニ生態、AIで調査 甲羅の紋様から個体識別 美ら島研究センター

 乱獲や開発などによる生息地の消失で、世界的に減少しているヤシガニ。その生態を調査するため、沖縄美(ちゅ)ら島財団総合研究センター(沖縄県本部町)が昨年末、大阪大学などとの共同研究成果を基にした人工知能(AI)システムを導入した。AIによる生態調査とは?

 同研究センター動物研究室の岡慎一郎係長によると、ヤシガニは成長が遅く、約50年は生きるため乱獲の影響を受けやすい。環境省レッドリストの絶滅危惧2類に指定されている。

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです