メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

不妊手術、理由替え許可 愛知の審査会、医師の再申請経ず

開示資料から判明した審査過程

 旧優生保護法(1948~96年)の下で障害者らに実施された強制不妊手術について、愛知県は17日、毎日新聞の情報公開請求に基づき、関係する公文書43件、608枚を開示した。遺伝性疾患を理由にした「4条手術」の申請を「否」とする一方、非遺伝性疾患が対象の「12条手術なら適」と条件付きで手術を認めた審査会の記録もあり、専門家は「本来なら再申請すべきだ」と指摘している。

 開示されたのは、県に残っていた66~71年度の審査会9回分の議案や審査結果、手術の申請書など。患者…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文871文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  3. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです