メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 他国の補償政策、識者に聞き取り 超党派勉強会

 旧優生保護法(1948~96年)下で行われた障害者らへの強制的な不妊手術問題を考える超党派議員連盟の第3回勉強会が17日、国会内で開かれ、同様の法律があったドイツなど他国の補償政策について専門家からヒアリングした。

 東京大大学院の市野川容孝(やすたか)教授(医療社会学)が、ドイツやスウェーデンの補…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文245文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 岡山・暴力団事務所近くで複数回の発砲 2人がけが

  4. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  5. 匿名の刃~SNS暴力考 背景に義憤や嫉妬 安全な場所からたたく ネットめぐる訴訟手がける深沢諭史弁護士

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです