メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロボット競技

チーム「サクラ・テンペスタ」 米の大会へ

サクラ・テンペスタのメンバー(前列左が中嶋さん)=千葉県習志野市津田沼の千葉工業大で、秋丸生帆撮影

 千葉県内の中高生たちでつくるロボット競技チーム「サクラ・テンペスタ」が25日から米デトロイトで開催される世界大会「ファースト・ロボティクス・コンペティション」(FRC)に日本勢として初めて参加する。チームリーダーで東邦大付属東邦高校3年の中嶋花音さん(17)は「メンバー一人一人がベストを尽くして入賞を狙いたい」と意気込んでいる。【秋丸生帆】

 FRCは高校生らを対象に1992年から毎年開催されている国際的なロボット競技大会の一つ。ボールを発射したり、重りを運んだりと競技の内容は毎年変わる。大会参加費を準備し、競技内容が発表されてから6週間以内に大会の仕様に沿ったロボットを製作。日本からの渡航費などを合わせた約350万円の資金調達からロボット製作まですべて自分たちで行わなければならない。今年は全世界から3647チームが参加している。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 新型コロナ関連の解雇6万人超す 20日余りで1万人増 厚労省

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです