メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近畿大

次は「宇宙マグロ」 生態解明へ衛星打ち上げ

超小型人工衛星「宇宙マグロ」の模型を手にする近畿大の前田佳伸教授(左)と学生たち=東大阪市で、阿部周一撮影

 クロマグロの完全養殖に成功した近畿大(東大阪市)が、日本近海を回遊する太平洋クロマグロの生態を、人工衛星を使って宇宙から追跡しようという研究を進めている。その第一歩となる実証実験用の超小型衛星を2019年度にも打ち上げる目標に向け、チームは18日からインターネットを通じた研究資金の募集を始めた。詳しい回遊ルートや産卵場所が分かれば、保護にもつながると期待される。【阿部周一】

 前田佳伸教授(光エレクトロニクス)と光永靖准教授(漁業情報学)の両研究室の学生らの取り組み。太平洋…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1014文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ ダルビッシュが故障者リスト入り
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]