メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NPO

広げよう!応急救護の輪 福岡県警OBが設立

イベント参加者らの状態を確認するメンバー=北九州市小倉南区の平尾台で2018年4月15日午前11時27分、宮城裕也撮影

 福岡県警のOBたちがイベントなどで急な傷病者を救護するNPO法人「セーバー風(かぜ)・ジャパン」(北九州市)を設立した。救護活動を直接担うNPOは全国的にも珍しく、元八幡西署長で理事長の小泉亮一さん(70)は「自分たちで命を救うだけでなく、今後は多くの人が応急救護できるよう普及にも力を入れ『救護の輪』を広げたい」と意気込む。【宮城裕也】

 15日にあった北九州市小倉南区のカルスト台地・平尾台の野山を走るトレイルランニング。小雨が降る中、…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文822文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです