メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア攻撃

導入予定ミサイル使用 「敵基地攻撃可」実証

 米軍による13日(米東部時間)のシリア攻撃では、日本政府が導入する方針の航空機搭載型の長距離巡航ミサイルが使われた。政府は、このミサイルを離島防衛などのため敵の対空ミサイル射程外から攻撃する「スタンドオフ・ミサイル」と位置づけているが、敵基地攻撃が可能であることが実証された形だ。

 米国防総省によると、米軍は日本が導入予定の長距離巡航ミサイル「JASSM(ジャズム)-ER」(射程約900キロ)を使用。シリア周辺の空域でB1戦略爆撃機2機から計19発を発射。首都ダマスカス近郊の化学兵器研究…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです