特集

日米地位協定

在日米軍に対する特別待遇を定め、さまざまな問題を生む元凶ともされる日米地位協定。見直しを求める声が広がっています。

特集一覧

日米地位協定

米軍に国内法が原則適用されず 独伊と差

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ドイツのラムシュタイン米空軍基地で輸送機に乗り込む米独両軍の降下部隊=2017年12月、同基地ホームページから
ドイツのラムシュタイン米空軍基地で輸送機に乗り込む米独両軍の降下部隊=2017年12月、同基地ホームページから

 相次ぐ米軍機の事故やトラブルで、在日米軍の権利などを定めた日米地位協定が改めて注目されている。米軍が特権的に振る舞う根拠となっている協定の改定を求める沖縄県は、日本と同じく第二次大戦の敗戦国であるドイツとイタリアの地位協定を調査した。その結果、不平等な協定に甘んじる日本の特異性が浮き彫りになった。

 沖縄県知事公室の職員3人が2月上旬、米空軍基地がある両国の4市町を訪問し、首長らへの聞き取り調査を実施。報告書を3月末に公表した。

 ドイツ南西部、在欧州米空軍司令部が置かれるラムシュタイン基地。米軍にもドイツの航空法が適用され、午後10時~午前6時は原則として飛行が制限される。基地内にドイツの警官2人が常駐して警察権を行使するほか、「騒音軽減委員会」が設置されている。

この記事は有料記事です。

残り1521文字(全文1857文字)

【日米地位協定】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集