メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・組幹部襲撃

山口組系「兼一会」幹部ら組員5人逮捕

大阪府警 暴力行為処罰法違反と傷害容疑で

 大阪市の路上で2月に暴力団幹部らが襲撃された事件で、大阪府警捜査4課などは17日、指定暴力団山口組系「兼一会」幹部、須田真光容疑者(40)=大阪市西区北堀江2=ら組員5人を暴力行為処罰法違反と傷害の疑いで逮捕した。府警は、違法カジノ店の経営などを巡るトラブルがあったとみて調べる。

     逮捕容疑は2月7日午前1時35分ごろ、同市中央区島之内1の路上で神戸山口組系の組長(69)ら3人に、拳やつえで殴るなどの暴行を加え、重軽傷を負わせたとしている。府警は5人の認否を明らかにしていない。

     捜査関係者によると、兼一会は当時、神戸側の傘下だったが、事件後に山口側へ移籍した。府警は、他にも兼一会の組員の男1人が関与したとみて逮捕状を取り、行方を追っている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
    2. 衣笠さん死去 「江夏の21球」支えた沈着さ
    3. 衣笠祥雄さん死去 2215試合連続出場、不屈の闘志
    4. はしか 病院で拡大 愛知県、5人目感染を発表
    5. 自民 竹下亘氏「辞めるのも一つだ」麻生財務相の責任で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]