メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栃木・九石遺跡

土偶や矢じり発見 縄文時代の豊かな生活

遺跡の住居跡から見つかったほぼ完全な形のミミズク土偶=栃木県茂木町内で、野田樹撮影

 1990年に縄文時代の住居跡などが見つかった栃木県茂木町九石(さざらし)の「九石古宿遺跡」で、ほぼ完全な形の土偶やメノウを高度な技術で加工した石鏃(せきぞく、矢じり)が出土し、研究者らの注目を集めている。海水魚を捕るための釣り針も見つかっており、住民が沿岸部と交流をしながら豊かな生活を送っていた様子がうかがえるという。

 同遺跡は、茂木町の中心街から北に約4キロの山間部にある町指定史跡。90年から始まった調査で主に縄文…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文889文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  4. 裁判員 増え続ける辞退 制度施行8年、長期審理敬遠か
  5. 今週の本棚 持田叙子・評 『評湖畔の愛』=町田康・著

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]