メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙台市

羽生選手に「堤人形」贈呈

羽生結弦選手へ贈呈される堤人形=仙台市提供

 仙台市は17日、平昌(ピョンチャン)五輪フィギュアスケート男子で連覇を果たした地元出身の羽生結弦選手に、市の伝統工芸品「堤人形」(高さ約21センチ)を特別表彰の記念品として贈ると発表した。

     映画「陰陽師」の劇中曲「SEIMEI」をフリーで演じた羽生選手。自身の演技に磨きをかけようと、狂言師の野村萬斎さんと対談した折、能楽「三番叟(さんばそう)」を実演してもらった。

     この話を聞いた市が、市内に住む現代の名工・芳賀強さん(76)が三番叟の人形を作ったことを知り、記念品に選んだ。芳賀さんは「羽生選手にぴったりの人形。疲れた時、和んでもらえたら」。【本橋敦子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    2. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    3. 山口メンバー書類送検 各テレビ局、出演番組を差し替え
    4. 警視庁 仮面ライダー俳優を再逮捕 強制わいせつ未遂容疑
    5. 北朝鮮 威嚇のち融和 正恩氏の真意は

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]