メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
プレスリリース

完全WEB-ERP「GRANDIT」の新バージョンを市場投入(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

GRANDIT Ver.3.0

2018/4/18

GRANDIT株式会社

多様な働き方を支援する進化系ERPへ
完全WEB-ERP「GRANDIT」の新バージョンを市場投入
~更なる成長を目指す企業のために~

 GRANDIT株式会社(本社 東京都渋谷区 代表取締役社長 石川 研一、以下GRANDIT社)は、新バージョン「GRANDIT Ver.3.0シリーズ(以下、「GRANDIT 3.0」)」の提供を2018年5月より開始いたします。

 昨今のデジタル化の進展は、様々な業種、業態において、ビジネスの創造的破壊をもたらしています。そして、既存のビジネスモデルや経営モデルでは対応できない、大きな変化が起きています。
 企業が成長を加速し、競争力を高めるためには、デジタル時代ならではの新たな価値を創出する必要があります。そのためには、新たな技術やこれまで得られなかった情報を活用し、自らのビジネスや業務を変革することが求められます。
 こうした中、「GRANDIT」では、数多くのグループ企業への導入実績でノウハウと経験を培い、グループ全体の業務を最適化し、グループ全体の実績を迅速に把握できるグループ経営管理機能を提供してきました。これに加えて、「GRANDIT 3.0」では、企業の多様な働き方を支援するために、モダンブラウザ(Internet Explorer、Microsoft Edge、Google Chrome)への対応を強化し、これからの企業システムにふさわしい基盤を構築しました。また、多くの企業が課題としているホワイトカラーの生産性向上の実現に向けて、RPA注1(Robotic Process Automation)をラインナップに加えました。「GRANDIT 3.0」はデジタル時代に更なる成長を目指す企業を支援する、進化系ERPへと生まれ変わりました。
 GRANDIT社及びGRANDITコンソーシアムは、今後もERPを進化させるとともに、コンソーシアムパートナーを大幅に拡充し、更なる成長を目指す企業を支えるパートナーとして、日本企業の成長を支えてまいります。

【「GRANDIT 3.0」の特長】
■「ERP × RPA」で実現する業務プロセスの自動化による更なる生産性向上
労働人口の減少に伴うホワイトカラーの生産性向上は企業の喫緊の課題と言えます。そのなかでRPAはその解決策の一つとして期待されているデジタル化の技術です。
RPAは単なる自動化ツールではなく、企業のフロント業務から基幹業務までまたがった業務プロセスを自動化する次世代のシステム開発基盤です。ERPとRPAを柔軟に組み合わせることで、システムによる自動化の範囲を大幅に拡大し、更なるホワイトカラーの生産性の向上に大きく寄与します。

■グループ経営の可視化による俊敏なビジネス環境変化への対応
企業をとりまく環境は厳しさを増しています。多様な市場のニーズに自社の製品・サービスを対応させていくだけではなく、昨今の市場のグローバル化に伴い急激に変化する市場全体の需要動向に企業グループ全体の活動を素早く適応させていく必要があります。
「GRANDIT 3.0」では、グループ会社間のマスタ共有、グループ会社間取引の支援など、グループレベルでの業務効率化や標準化に加えてグループDWHによるグループ全体でのデータ統合を実現しました。意思決定の精度とスピード向上をすることでグループ全体の業務最適化を支援します。

■多様化するITインフラへの柔軟な対応による働き方改革の推進と競争力強化
スマートフォンが誕生して10年以上が経過し、コンシューマを中心にライフタイルに大きな影響与えたICTの進展はビジネスにも影響範囲を拡大しています。多様な働き方の実現に向けて、ICTを活用した「テレワーク」などの取り組みを進める企業が増えています。
「GRANDIT 3.0」では、新たにモダンブラウザ(Internet Explorer、Microsoft Edge、Google Chrome)への対応を強化しました。これにより、様々なデバイス利用やクラウドサービス利用、基幹システムとの連携を加速させることで、これからの企業の柔軟なシステム活用と多様な働き方の推進による競争力強化を支援します。

 尚、本詳細につきましては、以下のイベントでもご紹介いたします。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
GRANDIT DAYS 2018
・開催日 2018年5月9日(水)、10日(木)、11日(金)
・時間  10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
・会場  東京ビッグサイト(東6ホール)
・小間番号 東52-35
・参加費用 無料(事前登録制)
・主催  リード エグジビジョン ジャパン株式会社
・詳細・お申込み https://www.grandit.jp/granditdays2018/

                                         以上

■完全WEB-ERP「GRANDIT」について
「GRANDIT」は、コンソーシアム方式により業界を代表するSI企業のノウハウを集大成したWEB-ERPで、経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費より構成されています。BI注2(ビジネスインテリジェンス)、EC、ワークフロー等を標準搭載し、多言語、多通貨、マルチカンパニー機能などにより、海外拠点での利用も容易となり、海外グループ拠点を含めた情報のリアルタイム連携を実現することで、企業のグループ展開を支援します。

■GRANDITコンソーシアムについて
GRANDITコンソーシアムは、顧客視点に立ち、日本企業に最も適し、最新技術基盤を採用したERPパッケージソフトを開発するために2003年10月に設立されました。製品完成後も製品とサービスの絶え間ない成長をめざし、定期的な活動を続けております。
プライムパートナー注3は、インフォコム、AJS、NECネクサソリューションズ、NTTコムウェア、オージス総研、システムインテグレータ、シナプスイノベーション、DACS、東洋紡システムクリエート、日商エレクトロニクス、日鉄日立システムエンジニアリング、パナソニック インフォメーションシステムズ、ベニックソリューション(以上50音順)の13社で構成され、ビジネスパートナー注4を加えて58社(2018年4月現在)となっております。
プライムパートナー一覧:https://www.grandit.jp/partner/prime.html
ビジネスパートナー一覧:https://www.grandit.jp/partner/business.html

■GRANDIT株式会社について
GRANDIT株式会社は、GRANDITコンソーシアムの運営を行い、コンソーシアム各社に蓄積されたノウハウやお客様の声を「GRANDIT」の製品開発に反映しています。また、「GRANDIT」のパッケージ著作権、パッケージ産業財産権を持ち、プロダクト維持管理、保守及び導入支援を行っております。
 <会社概要>
・商号:GRANDIT株式会社
・住所:東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル
・URL:https://www.grandit.jp/

■注釈について
注1 RPA(アールピーエー) Robotic Process Automation(ロボティックプロセスオートメーション)の略
画面上のアプリケーション、システム画面を識別し、人間と同じように操作を行うことができるようなソフトウェア(ソフトウェアロボット)のこと。
注2 BI(ビーアイ) Business Intelligence(ビジネスインテリジェンス)の略
企業の蓄積されたデータを活用し、経営に寄与する意思決定の支援を行う、データの収集・分類・分析・アクセス方法などを提供するソフトウェアのこと。
注3 プライムパートナー
GRANDITコンソーシアムメンバー企業。
注4 ビジネスパートナー
コンソーシアムメンバーと協力して「GRANDIT」の販売とインテグレーションを担当するパートナーのこと。

【本ニュースリリースに関する報道関係各位からのお問い合わせ先】
■GRANDIT株式会社
 マーケティング室
 TEL: 03-6866-3910  FAX: 03-6866-3920
 E-mail:grandit@grandit.jp

※「GRANDIT」は、GRANDIT株式会社の登録商標です。
※その他、記載している会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。


情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  2. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. 鳥獣被害に立ち向かう漫画「罠ガール」が話題 イノシシ相手に女子高生が奮闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです