メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 誰にも大切な風景があるのではないか。中でも桜の季節に。

 福島県富岡町の夜(よ)の森(もり)地区には1500本の並木がトンネルをつくり、今の時期に桜まつりが開かれる。かつて県内外から大勢の観光客が訪れた。福島第1原発の事故で中止され、7年ぶりにまつりが復活したのは昨年のことだ。

 劇作家の岩松了さんは夜の森の避難指示が解除された後、桜の季節に訪れた。人が少ない。帰りたくても帰れぬ避難者がいかに多いか。そう思い知らされたという。

 この経験から戯曲「薄い桃色のかたまり」が生まれる。私も公演を見た。上演したのは、演出家の蜷川幸雄さ…

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文906文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです