メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

STU48 暗いからこそ見える何か 深刻であれとメッセージを送るアイドル

「瀬戸内の声」を初披露するSTU48のメンバー=2017年6月3日撮影

 最近アイドルが“暗い”。陰りがあるとか、クールだとかいうレベルでなく、絶望的な深刻さまで感じさせる。明るく楽しく笑顔いっぱいという「陽」のアイドル像が、もはや、前向きの姿勢やポジティブな気分を表さなくなったのだろうか。いや、前向きでもポジティブでもないのが、今のアイドルなのだろうか。アイドルが発信するメッセージとアイドルに求められる信号は共鳴しているのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1104文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  2. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです