メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

耕野たけのこ

初出荷 全面解除願いセレモニー 丸森 /宮城

 丸森町耕野地区で18日、町の特産品タケノコの初出荷セレモニーがあった。地元の生産者でつくる「耕野たけのこ生産組合」の谷津吉宗組合長(71)は「今年も旬のタケノコを消費者のみなさまに届けることができてうれしい。また一日も早く丸森町の(出荷制限の)全面解除を願っている」とあいさつ。関係者がテープカットで出荷を祝った。

 同町には東京電力福島第1原発事故に伴う出荷制限がかけられていたが、2014年に耕野地区、15年には丸森、小斎両地区の出荷制限が解除された。しかし金山地区や筆甫(ひっぽ)地区など5地区は今も出荷制限が続いている。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです