耕野たけのこ

初出荷 全面解除願いセレモニー 丸森 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 丸森町耕野地区で18日、町の特産品タケノコの初出荷セレモニーがあった。地元の生産者でつくる「耕野たけのこ生産組合」の谷津吉宗組合長(71)は「今年も旬のタケノコを消費者のみなさまに届けることができてうれしい。また一日も早く丸森町の(出荷制限の)全面解除を願っている」とあいさつ。関係者がテープカットで出荷を祝った。

 同町には東京電力福島第1原発事故に伴う出荷制限がかけられていたが、2014年に耕野地区、15年には丸森、小斎両地区の出荷制限が解除された。しかし金山地区や筆甫(ひっぽ)地区など5地区は今も出荷制限が続いている。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文553文字)

あわせて読みたい

注目の特集