メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 神楽7年ぶり奉納 双葉・郡山正八幡神社で 集落に中間貯蔵建設進む /福島

伝統を後世へ ビデオ撮影

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く双葉町郡山地区の郡山正八幡(しょうはちまん)神社で15日、避難前の2011年1月以来7年ぶりに神楽が奉納された。唄や笛、太鼓に合わせて獅子頭が舞い、避難先から訪れた住民約50人が地元ならではの風景のつかの間の復活を見守った。地区は除染廃棄物を最長30年間保管する中間貯蔵施設の計画地に含まれ、工事も進んでおり、町が伝統芸能を後世に残すためのビデオ撮影もした。【乾達】

 神社は平安時代が起源とされ、人生の節目ごとに願をかけたり、祭りなどで集う「鎮守の森」として地区住民に親しまれてきた。しかし東日本大震災の揺れで鳥居が倒壊するなどの被害を受け、地区も約3キロ離れた原発の事故で帰還困難区域に指定された。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 中日・京田選手が急逝した後輩の「背番号6」 NTT西の試合観戦 都市対抗

  5. NTT西のベンチに背番号6のユニホーム 亡きチームメートに誓った勝利 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです