メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 稲作再生へ3施設 楢葉町が建設着手 農家負担軽減図る /福島

 福島第1原発事故の避難指示が2015年9月に解除された楢葉町は18日、作付面積が事故前の1割未満にとどまる稲作の再生を目指し、収穫したコメの乾燥から貯蔵・出荷までの処理ができるカントリーエレベーターなど大規模農業3施設の建設に着工した。営農再開や規模拡大を図る農家の負担を減らすのが目的。今年12月に完成、来年から利用できるようにする。

 町によると、事故前の10年に約410ヘクタールだった作付面積が、営農再開後は16年19ヘクタール、…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. クマに襲われ男性2人重傷 猟友会員らがクマ射殺 新潟・魚沼

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです