講演会

放射能と健康について考える 被ばく研究医講演 30日・七尾 /石川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 放射能の健康への影響について考える講演会が30日、七尾市小島町西のワークパル七尾である。内部被ばくの研究を続ける埼玉県ときがわ町のこだま医院院長、児玉順一さんが「お医者さんが語る 放射能に負けないための日々の暮らしの処方箋」と題して話をする。能登地方の女性市民団体「のとじょネット」の主催。

 児玉さんは、6000人以上の被爆者を診察した医師・肥田舜太郎さん(…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

あわせて読みたい

注目の特集