メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

J基準スタジアム2案 四日市、菰野が有力 準備会議 /三重

 県内からサッカーJリーグチーム誕生を目指す県サッカー協会や県などでつくる準備会議が、Jリーグ基準を満たす新スタジアムの整備案をまとめた。建設の有力候補地として、四日市市の富双緑地公園と菰野町のリゾート施設「アクアイグニス」周辺を挙げた。同協会などは夏ごろには官民連携の県民推進会議を設立予定で、実現に向けた取り組みを進めたいとしている。【田中功一】

 県内では、日本フットボールリーグ(JFL)のヴィアティン三重(桑名市)、東海社会人リーグ1部の鈴鹿…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文609文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  2. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  3. ローソン 冷凍「たい焼き」に「今川焼き」混入 回収へ
  4. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  5. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]