メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三郷町

「童謡のまち」宣言 21日、記念式典とコンサート /奈良

町立図書館前にある「きらきらぼし」の歌碑=奈良県三郷町で、熊谷仁志撮影

 三郷町が今月1日、「童謡のまち」を宣言した。童謡「きらきらぼし」の日本語詞を書いた詩人で児童文学作家、武鹿(ぶしか)悦子さん(89)が町内に住んでいることがきっかけ。ごみ収集車から流れる音楽を今月から、「赤とんぼ」から「きらきらぼし」に変えており、記念式典と童謡コンサートを21日午前9時、同町勢野西1の町文化センター文化ホールで開く。

 宣言文では「三郷町は、豊かな美しい自然環境や貴重な文化財である古社寺を数多く有する」「明日を担う子…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです