和歌山市駅再開発事業

3施設、起工式 市長「街ににぎわいを」 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
再開発後の和歌山市駅一帯の完成予想図=和歌山市提供
再開発後の和歌山市駅一帯の完成予想図=和歌山市提供

 南海電鉄和歌山市駅周辺の再開発事業で建設される各施設の起工式が18日、市駅前の建築予定地(和歌山市屏風丁)であった。市民図書館が入る公益施設棟、商業棟、ホテルの3棟で、2019年秋から20年春に順次完成する。

 南海によると、公益施設棟は5階建て・延べ床面積約9600平方メートルで、市民図書館は全フロアに入る。19年秋の完成を目指し、オープン後は書籍・DVD販売・レンタル大手「TSUTAYA」の運営会社「カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)」が…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

あわせて読みたい

注目の特集