メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山城

「天守閣で酒宴」実現 一般貸し出しへ  /岡山

夜間の貸し出しが始まる岡山城天守閣=岡山市北区丸の内2で、林田奈々撮影

 岡山城天守閣が7月から、夜の閉館時間に一般貸し出しされる。一部のフロアには飲食物の持ち込みも可能で、会議や宴会での利用を想定している。全国的にも珍しい取り組みで、天守閣を所有する岡山市の大森雅夫市長は「天守閣が文化財でないということから逆転の発想で生まれた企画。ぜひ活用して」と話している。【林田奈々】

 貸し出されるのは、天守閣の地階から最上階の6階までの全フロア延べ約1600平方メートル。通常の観覧時間が終了した午後5時半~午後9時半の4時間利用することができる。1日1組限定で、定員は100人。1、5、6階にはアルコール類を含む飲食物を持ち込める。料金は1回7万円。照明代1万800円も原則必要になる。また、別途料金を支払うことで、金びょうぶや音響機器を借りることができ、よろいかぶとや着物の着用…

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  2. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  5. 「恐怖で世界は一つになる」のか 東京オリンピック危ぶむ声 組織委は火消しに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです