日本遺産

カツオ文化、来春認定へ情報発信を 県民会議 /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で日本遺産の認定に向けた意気込みを語る高知カツオ県民会議のの受田浩之・会長代理(右から2人目)ら=高知市で、郡悠介撮影
記者会見で日本遺産の認定に向けた意気込みを語る高知カツオ県民会議のの受田浩之・会長代理(右から2人目)ら=高知市で、郡悠介撮影

 カツオ資源の保全を求める官民組織「高知カツオ県民会議」は17日、高知のカツオ文化の「日本遺産」認定に向け、文化庁に申請する方針を示した。土佐料理司高知本店(高知市はりまや町)で記者会見した高知大副学長の受田浩之・会長代理は「活動を通じ、カツオを守るための情報発信、県民意識の向上を強化していきたい」と話した。【郡悠介】

 県民会議は昨年2月から活動を始め、シンポジウムの開催や国際会議の参加を通じて国内外にカツオ資源保護の重要性を訴えてきた。今年1月、県民会議で日本遺産申請に関する議論が始まり、これまで県の担当部局などと協議を重ねてきたという。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文630文字)

あわせて読みたい

注目の特集