メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

嘉麻市

地鎮祭、新庁舎20年度末開庁 条例改正から5年で着工 /福岡

 嘉麻市役所新庁舎の地鎮祭が18日、建設予定地である同市岩崎の稲築多目的運動広場跡地であった。市役所の位置を同広場に定める条例改正から5年3カ月余を経て建設が動き出した。2021年1月に完成し、同3月開庁の予定。【平山千里】

 地鎮祭には市や市議会、設計した久米設計(本社・東京)と施工する浅沼組(同・大阪市)の関係者らが参列し、神事で工事の安全などを祈願した。

 新庁舎は2万2400平方メートルの敷地に、5階建て(延べ床面積8731平方メートル)の基礎免震構造…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士登山の動画配信中に滑落か 警察の捜索難航

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 池袋暴走原因断定 ブレーキとアクセルの踏み間違え 警視庁

  5. 石破元幹事長の言葉が浮き彫りにした「桜を見る会」の本質とは 公的行事を利用してきた自民党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです