メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米首脳会談

弾道ミサイル、日本射程分も廃棄要求へ 米、北朝鮮に

 【パームビーチ(米南部フロリダ州)高山祐】安倍晋三首相は17日午後(日本時間18日午前)、米南部フロリダ州パームビーチで、トランプ米大統領と会談した。トランプ氏は、6月初旬までに行われる予定の米朝首脳会談で「拉致問題を提起する」と明言。また、米本土を射程に入れた大陸間弾道ミサイル(ICBM)のみならず、日本を射程に収める北朝鮮の短・中距離ミサイルの廃棄も求める考えを示した。

 会談は、トランプ氏の別荘「マララーゴ」で行われた。最初に、両首脳と通訳だけで約1時間会談し、その後、両国の政府高官が数人入っての少人数会談が約1時間10分行われた。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  4. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです