メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

年金

開始「65歳」維持 厚労省方針 定年延長広がらず

 厚生労働省は2020年に予定している次の年金改革で、現在原則65歳となっている公的年金の受給開始年齢の引き上げを見送る方針を固めた。65歳以上への定年延長が一般化するのは難しいと判断した。高齢者の働き方の多様化を見据え、70歳を過ぎてからの受け取り開始も選択できるよう見直す。

 年金の受給開始年齢は現在、老齢基礎年金が原則65歳、厚生年金が65歳に引き上げる移行期間中で、男性は25年、女性は30年に完了する。希望すれば60~70歳の範囲で変更できる。

 厚労省は、今後100年程度の年金財政の検証などを踏まえて20年の通常国会に年金制度改革法案を提出す…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 駐日アフガン大使、涙声で「アフガンの偉大な友人で英雄です」 中村哲医師のお別れ会に5000人

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです