米朝首脳会談

CIA主導 長官、韓国仲介で訪朝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米フロリダ州で日米首脳会談が行われているさなか、ポンペオ米中央情報局(CIA)長官が極秘に訪朝していたことが明らかになった。米朝首脳会談の準備が進む中、安倍晋三首相はトランプ米大統領を通じて影響力を行使する対北朝鮮戦略を描く。トランプ氏は北朝鮮政策で日本に配慮を示したが、通商問題では要求を強めるとの見方が出ている。

 トランプ氏に先だってポンペオ氏が金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談したことは、CIAが主導して会談の準備を進めていることを浮き彫りにした。ポンペオ氏はトランプ氏から次期国務長官に指名された外交・安全保障政策の中心的存在。その人物を密使として派遣した背景に、非核化に向けた北朝鮮側の本気度を推し量りたいという政権の思惑が垣間見える。

この記事は有料記事です。

残り2573文字(全文2904文字)

あわせて読みたい

注目の特集