メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
2018自民党総裁選

岸田氏「出るかも」 政権に逆風、存在感アピール

 自民党の岸田文雄政調会長は18日夜、東京・芝のホテルで開いた岸田派パーティーで、「いざという時は、我々はやるんだという思いは示さなければならない」と述べ、9月の自民党総裁選を念頭に「ポスト安倍」への意欲をにじませた。16日には安倍晋三首相にも「何も決めていない。出るかもしれない」と伝達。パーティーと同時刻には、財務省事務次官の辞任が発表され、政権の不安定化とともに岸田氏も正念場を迎えそうだ。

 岸田氏はあいさつで同派について「お公家集団と揶揄(やゆ)されたこともあった。私も『飛ばない男』など…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文977文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです