特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

メタボ健診10年 科学的根拠、取り入れよ=永山悦子(オピニオングループ)

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 腹回りを測って生活習慣病の予防を目指す特定健診・保健指導の開始から、今月で10年を迎えた。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の発見が目的のため「メタボ健診」と呼ばれる。肥満者だけに指導する健診は、導入時から課題を指摘されてきた。だが、開始10年に合わせた見直しでも肥満中心の枠組みは変わらなかった。「科学的根拠に基づく政策」とは言い難い状況の公的健診が、このまま続くことは問題だ。

 メタボは、内臓脂肪が腹部にたまった人は心筋梗塞(こうそく)や脳卒中など心血管疾患を起こしやすいという考え方。健診は40~74歳を対象に、腹囲(男性85センチ以上、女性90センチ以上)か体格指数(BMI25以上)が基準を超える「肥満」があり、さらに血圧、血糖値、血中脂質が基準値を上回る「危険因子」を持つ人に保健指導を実施する。肥満でなければ、危険因子があっても保健指導の対象にはならない。

この記事は有料記事です。

残り1678文字(全文2068文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集